WEB MAGAGINE

ワンストップ型リノベーション会社は2種類ある??

 

ワンストップ型のリノベーション会社があるのをご存じでしょうか。

その会社は実は2種類あります。オールワンストップリノベーション外部連携型ワンストップリノベーション2つです。その違いについて解説していきます。

オールワンストップリノベーション
オールワンストップリノベーションは、中古物件探し、資金の計画、住宅ローン選定サポート、リノベーションの設計、施工まで一貫して行っているサービスのことです。中間マージンはないため費用を抑えることができますが対応数に限りがあり、柔軟性が少し低くなっている場合もあります。

外部連携型ワンストップリノベーション
ワンストップリノベーションの会社が窓口になり、物件探し・設計・施工など一部の工程を外部に委託しています。オールワンストップリノベーションよりも費用は高くなる傾向にありますが、専門の会社と提携している場合が多いのでお客様のご要望に合わせて得意な業者を選定してもらえます。

 

上記の通りワンストップリノベーションといっても内部ですべて完結する会社と、外部連携を行う業者の2種類存在するのです。

ここからはワンストップリノベーションを利用した場合としなかった場合のメリット・デメリットについてご紹介をしていきます。

 

ワンストップリノベーションを利用するメリットとは

1つの窓口ですむ

複数の会社と連絡をとるという忙しさもないため、1つの会社での打ち合わせになります。そのためスムーズになり効率的です。

ローンを一本化しやすい

物件の購入資金とリノベーションのローンの一本化にも詳しく、銀行と提携していることもあるので申し込みもスムーズになりやすいです。

予算のバランスがとれる

予算を超えないように調整して物件探しとリノベーションのプラニングを進めることができます。

希望の物件探しをしてもらえる

リノベーション向きの物件情報に強い会社が多いのも特徴です。リノベーションに詳しい担当者が希望通りのリノベーションができるかどうかを判断してもらえます。

 

ワンストップリノベーションのデメリットとは

物件の選択肢が少ないことも

会社にもよりますが、不動産仲介会社で紹介を受けるより選択肢が少なくなることもあります。また、会社の変更もしにくいというデメリットがあります。

工程途中での担当者の変更がしにくい

ワンストップリノベーションでは同じ担当者になることが多いです。そのため途中で担当者を変えたくなっても要望がしにくくなります。

 

ワンストップリノベーションを選ばない場合のメリット

ワンストップリノベーションを選ばなかった場合のメリットとデメリットもあります。

複数の不動産会社の提供と幅広い選択肢がある

ワンストップリノベーションにしなかった場合には不動産会社も自由に選ぶことができ、情報も多いので物件を選ぶときの視野も広がります。中古購入のサポートをしていないリノベーション会社も多いので幅広い選択肢から自分に合っているリノベーション会社を選択することができます。

費用を抑えることもできる

施主が各会社とのやり取りをするので中間マージンも発生しません。ワンストップリノベーションよりも費用は抑えることができます。

 

ワンストップリノベーションを選ばなかった場合の注意点

物件探しとリノベ会社に分ける場合に気をつけておくべき点です。

 

リノベーション会社を早めに決める

先に物件を決めてしまってからリノベーション会社を探して希望の通りのリノベーションを行おうとすると予算オーバーになる場合があります。中古物件とリノベの一本化ローンを利用する場合、銀行の事前審査を受ける際にリノベーションの見積書が必要となることがあります。

リノベーション会社が決まっていないと審査を受けることができません。

先にリノベーション会社を見つけおけば審査にも余裕をもてます。

物件の内覧にはリノベーション会社に同行してもらう

購入してから希望の通り変更ができないという事態を防ぐためにも内覧するときはリノベーション会社に同行してもらうほうがよいです。

ワンストップリノベーションを利用しない場合のデメリット

ワンストップリノベーションを利用しなかった場合、どんなデメリットがあるのでしょうか。

打ち合わせに時間や手間をとられてしまう

不動産仲介会社や金融機関、施工会社などとの打ち合わせや契約で時間や手間もかかるため仕事をしている人にはハードスケジュールになってしまいます。

予算の総額の把握がわかりにくい

それぞれの工程で費用が別々になります。そのためすぐに総額を把握するのがわかりにくくなります。資金計画をしっかり行っておくことが大切です。

 

会社との調整を何度もすることになる

ワンストップリノベーションを利用していない場合、業者を選ぶことはできますがその分手間と時間が必要になります。
一つの工程で問題が起こって遅延することになると調整を何度もすることになってしまいます。

 

ワンストップリノベーション会社選びのポイント

ワンストップリノベーション会社を選ぶときのポイントをみていきましょう。

 

価格、デザインテイストを確認する

自分のライフスタイルに合ったリノベーション会社を選ぶことが大切です。施工実績からデザインテイストの傾向、中心価格帯の確認をしましょう。

 

担当者との相性

物件の購入とリノベーションは打ち合わせなどにも時間を多く使います。

すべてが完了するまで1年かかることもあります。担当者とは長いお付き合いになるのです。
担当者は相談のしやすさ、フィーリングが合うなど人間性が決め手となることも。担当者に不誠実さを感じてしまうようなことがあればそこはやめておくほうがよいでしょう。

 

セミナーの参加やショールームの見学

だいたい情報をネットなどで見て絞ったら、リノベーション会社のショールームに行ってみたり、セミナーに参加してみたりするのも選ぶときの判断に役立ちます。わからないことも質問することもできます。

 

まとめ

ワンストップリノベーションについて解説いたしました。窓口が一つだけになるワンストップリノベーションはとても便利ですが担当者を途中で変更することや会社の変更をするのには向かないので注意が必要になります。それぞれのメリットとデメリットを理解しながら自分が良いと思う方法を選択するようにしましょう。


リノベ向き物件.comでは、相見積もりを推奨しております。
気になる物件が見つかったらワンストップリノベーションの会社含め、2~3社に見積もり作成を依頼しましょう。
見積金額、提案力、担当者との相性など含め確認することで、満足のいくリノベーションが実現できます。

リノベーションは施主様と施工会社の二人三脚で作り上げるものですので、
後悔しないようにリノベーション会社をしっかり選びましょう!

※見積もりは運営会社にて行っております。