WEB MAGAGINE

リノベーション費用の相場・内訳とは


リノベーションをする上で気になるのは費用の面です。どんなところに依頼すればいいのか、調べておかなければ割高となってしまう場合もあります。部屋の箇所によっても相場がちがってきますので解説していきます。

リフォーム会社のタイプ

リフォーム、リノベーションを依頼する施工会社にはタイプがあります。相見積もりをする会社を選ぶためにもいくつかを最初に決めておきます。

大手ハウスメーカー
施工実績やノウハウも豊富にあります。大手は安定しているので倒産などのリスクも少くアフターフォローも充実しており、安心できます。その分、施工費は高額なことが多い。(広告宣伝費用や多店舗運営のため)
建築設計事務所
工事費用と別に設計の費用も必要になるため総額は高くなります。しかしデザイン性の高い施工が期待できます。ご予算に余裕があり、とことん拘って作りたい方向け。
ワンストップリノベーション会社
ワンストップリノベーションとは、物件探しからリノベーションの設計や施工までを行うサービスを提供する会社のことです。 オールワンストップリノベーションとアウトソーシングのワンストップリノベーションの2つがあります。アウトソーシングは社外に物件探し・設計・施工を依頼している形で行っているリノベーション会社です。
※最近では、不動産会社がワンストップリノベーションへ多く参入してきておりますが、その場合は、自社で物件探しを行い、設計と施工を社外に依頼していることが多いようです。(会社によって様々な形態がある)

地域の工務店や建築会社
小規模経営が多く、他に比べ予算を抑えて施工ができることが多く、融通もきかせやすいのが特徴です。不動産会社などに紹介される場合が多いので、過去の実績や評判もわかります。会社によっては、大規模なリノベーションはできない場合もあります。

ワンストップリノベーション会社ってどうなの?

中古購入+リノベーションの人気から不動産業者・リフォーム会社などがワンストップリノベーション会社として新たに活動するケースが非常に増えておりますので、ワンストップリノベーションのメリットとデメリットについて簡単にご紹介をさせて頂きます。

ワンストップリノベーションのメリット
窓口が一つなので物件探し、住宅ローン、リノベーション提案・施工、アフターフォローまで行っている会社が多いため、非常に楽です。 打合せした内容は、窓口担当者・設計者・施工業者へも共有されるため、打ち合わせもスムーズです。
ワンストップリノベーションのデメリット
ワンストップリノベーション会社は会社規模・サービス内容全て独自で差別化を図っており、正直、どこが良いのか選ぶのが非常に大変。「会社名+口コミ」で検索して事前調査するのも良いでしょう。 良くも悪くもワンストップなので、途中から施工会社など変更ができず、施工費を他社と比較(相見積もり)できない会社が多い。

全面フルリフォーム、リノベーション料金の相場

リノベーション、リフォームには全面と部分的なものに分かれます。費用は状況などで変わりますが下記を目安として参考にしてみてください。

全面リノベーション、リフォームの相場

家を全体的にリノベーション(リフォーム)する場合は基本的に1坪いくらという形の見積もりになります。相場の目安は1坪35万円から45万円くらいが平均値になります。家の面積にもよりますが会社によっても金額がかわります。場所と内容は次の通りになります。

構造・・・間取りの変更、耐震補強、断熱材の充填、構造補強
水回り・・・システムキッチン、バスルーム、トイレ、洗面所の交換等
部屋・・・LDK拡張、フローリング張替えなど
内装・・・壁紙張替え、畳、障子、襖などの交換
外観・・・下胃壁、屋根の塗装、玄関ドア交換など
その他・・・トイレの新設、給湯器の交換、窓サッシの交換など

坪数で見る相場は次のようになります。

30坪・・・1050万~1350万円

35坪・・・1225万~1575万円

40坪・・・1400万~1800万円

45坪・・・1575万~2025万円

50坪・・・1750万~2250万円

部分的なリノベーション、リフォームの相場

部分的なリフォームの場合の見積もりの相場は次の通りになります。

キッチン
システムキッチンの場合、60万から150万円程度が相場になります。キッチンの型にもよりますが工事費用として20万円から30万円になります。通常、工事に含まれているのは既存システムキッチン解体工事費用、接続配管工事費用、電気とガスの工事費用、人件費、運搬費、システムキッチンの組み立て工事費用、廃材処分費用です。
ユニットバス
風呂本体と工賃で50万から70万円程度になります。バスルームはユニットバスからユニットバスへの交換(50万円~)、在来浴室からユニットバスへの交換(50万~70万円前後)の2つのタイプがあります。
トイレ
便器本体の交換と工賃で6万から10万円程度が相場になります。パターンとしては便器のみの交換、和式を洋式に変更(10~20万円)、トイレを広くする(25万~50万円)、トイレの新設(50万~70万円)などがあります。一般的な温水便座タイプに買い替えの場合は7万~15万円程度になります。
洗面台
洗面台本体の交換と工賃で8万から12万円程度が相場になります。一部壁を壊して洗面台を広くする場合(25万~50万円)、洗面台の新設する場合(15万~30万円)です。
外壁・屋根
外壁や屋根の再塗装は、2階建ての戸建(約20坪)で55万から70万円程度になります。築年数8~10年程度が塗装の目安になります。屋根の素材を変えるなどした場合は費用がもっと高くなり、大掛かりになることもあるのでその場合は100万~200万円くらいは見ておきます。

リフォーム箇所の交換時期

交換する時期の年数には次の通りになります。

キッチン・・・10~20年

バスルーム・・・10~15年

トイレ・・・10~15年

外壁や屋根・・・8~10年

※使用頻度や使用等により、上記より早く交換が必要な場合もあります。(あくまで目安としてください)

相見積もりを依頼する

依頼をするリノベーションの会社がいくつか決まったら現地調査をしてもらい、相見積もりをしましょう。会社によって全く金額や工事内容が違う場合があるので、比較検討するためにも強くオススメ致します。

希望するリノベーション内容やデザインイメージ、ご予算も必ず聞かれるので分かる範囲で用意しておきます。

◎依頼する条件を統一しておく

複数の業者に相見積もりをするために希望のリノベーション内容、条件や予算を出しておきましょう。違ってしまうと見積もりにもばらつきがでてしまい比較することができません。

◎間取図を用意しておく

間取図をコピーして準備しておき、業者に見せるとスムーズになり、精度のよい提案と見積もりをしてもらうことができます。

◎マナーを大切に

相見積もりをしていることを各会社に伝えておくようにします。そのときに会社名や内容は言わないようにしましょう。比較検討をしていることを伝えておけば見積もり金額も適正になりやすくなります。

◎相見積もりでやらないほうがいいこと

相見積もりをするときには以下のことはしないように気をつけましょう。マナーを守って気持ちよく見積もってもらえるようにしましょう。

業者に嫌われてしまう行為
・見積もり依頼内容を統一していない
・多すぎるくらいの会社への依頼
・他社の見積もりを見せて交渉する
・プランを何度も変更する
・電話とメールだけでの交渉
 

まとめ

リノベーションの相場費用について解説いたしました。相見積もりをすることで比較することで予算にあった業者を選ぶことができます。悪質な業者に気を付けながらしっかり見極めていくようにしてください。満足のいく価格で妥協のないリノベーションを目指してみましょう。

リノベ向き物件.comの運営会社:セルフリジェネレーションにて相見積もり依頼が可能です。下部ボタンよりお気軽にご依頼くださいませ。