WEB MAGAGINE

パッケージ型リフォーム・リノベーションの注意点

 

長年、同じ家に住んでいると汚れや老朽化に目が行ってしまうでしょう。
また、最近ではリモートワークも増え、より一層、内装の傷み具合が気になっている人も多いのではないでしょうか。

そこで考えられるのが、リフォーム・リノベーションです。

ここでは、まずリフォーム・リノベーションにはどのような種類があるかを説明し、その後にパッケージ型リフォーム・リノベーションの注意点を紹介していきたいと思います。

そもそもリフォームとは

まずリフォームの説明をもって、この記事の始めとさせて頂きます。
簡単に言うと、リフォームとは今住んでいる家の欠陥となっている点をよくするということです。

具体的な例としては、
・長年使ってきた設備(キッチン・風呂・洗面台・トイレなど)が壊れてしまった。
→新しいものに交換した。

・雨漏りをしているので、しないように修理をしてもらう。
→雨漏り箇所を見つけて補修し、外壁と屋根の塗装工事を行った。

リフォームの特徴としては、何か新しいものをつけて建物そのものの財産的価値を上げるのではなく、元々あったキレイな状態にするということです。

そもそもリノベーションとは

先ほど紹介した、リフォームとよく似た概念として捉えられているかもしれませんが、少し異なります。
リノベーションを簡単に言うと、今住んでいる家にさらに機能をつけてより住みやすくなろうというものです。

具体的な例を挙げると、
・今あるリビングが大きすぎるので、仕切りを入れて部屋数を増やしたい。
・キッチンに新たな機能をつけて、より使いやすくする。

などが挙げられます。

リノベーションの特徴としては、元々あったキレイな状態にするということではなく、何か新しい機能やモノをつけて建物そのものの財産価値を引き上げることを指します。

リフォームとリノベーションの比較

以上、説明してきたように、現在住んでいる物件にさらに財産的価値を付け加えるのか、それとも欠陥している部分を元の状態に戻すのかという点で両者は異なります。

この点に注目すると、両者の違いを理解することができます。

リフォームリノベーションには2つの種類がある

現在住んでいる物件に新たな財産的価値を付与するリノベーションですが、リノベーションといっても大きく2つの種類が分けることができます。

オーダー型フルリフォーム・リノベーション
オーダー型フルリフォームは、
自分で製品間取り変更デザインを自由に選択することができるというリフォームです。(配管交換や大規模な間取り変更の場合は、リノベーションがおすすめ)

オーダー型フルリノベーション
は、
自分で製品間取りデザインを自由に選択することができるというリノベーションです。
壁を解体し、躯体の状態にして施工を行うため、自分の思い描いたように、リノベーションができます(スケルトンリノベーション、フルリノベーションと言います)。

メリットとしては、自分好みの壁紙や床材を貼れる等、自分のデザインのこだわりを存分に実現できるという点や、自分たちのライフスタイルに合わせた家にしたいという目的を持っている人など、その人ごとに快適な住空間を作れるという点が挙げられます。

注意する点としては、会社によって、使用できる製品や施工可否もありますので事前に要望等を用意したうえで業者選びすることをお勧めします。

特に、下記を希望している方は、事前に施工業者へ確認をしてください。

・海外の製品を取り寄せて施工したい
・自分でネットで購入した商品を取り付けてほしい(「施主支給」といいます)
・オーダー家具を作ってほしい
・左官工事等でモールテックス等で造形オーダーしたい 

パッケージ型リフォーム・リノベーション
簡単に言うと、あらかじめ決められた商品・施工範囲内でリノベーションするものを選択していくのが、パッケージ型リフォーム・リノベーションです。商品選定等に必要な人件費をカットしているため、お安く商品提供ができています。
自分の好きな部分を自由にリノベーションできないという点で、先ほどのオーダー型フルリノベーションと異なります。

パッケージ型リフォーム・リノベーションのメリットとは
・完成した後の空間が想像しやすい
あらかじめ決められた範囲内から選択してリノベーションをするので、リノベーションの作業が終わった後の様子が想像しやすいのがまずメリットとして挙げられます。
フルオーダー型リノベーションのように、材料やリノベーションをする場所を選ぶのには不安があるという人は、パッケージ型リノベーションを選択するといいでしょう。
・時間とコストを抑えられる
先ほど紹介したフルオーダー型リノベーションと違って、キメラた商品の中で選択するので、時間をあまりかけずに済みます。
また、料金設定も明確にされているため、あらかじめ予算を見積もることが可能でしょう。
材料を一括で調達しているため、費用自体も割安で抑えられているのもメリットと言えます。

パッケージ型リフォーム・リノベーションの注意点(デメリット)
・安すぎるパッケージ型はオプション追加になる
インターネット等で格安を売りにして販売しているパッケージ型リフォーム・リノベーション特に注意が必要となります。
商品の画像の下などに「実際の商品とは異なります」と小さく書いてあり、問合せると殆どが追加オプションとしているのです。
安物買いの銭失いとならないよう事前に使用する商品などの資料をもらうようにしましょう。
・業者の人とじっくり話すことはあまり期待できない
オーダー型フルリノベーションの場合ですと、業者の方とお客様が密にコミュニケーションをとって、お客様理想の空間を作り上げていきます。
再三申し上げていますように、パッケージ型リフォーム・リノベーションの場合は、素材やリノベーションする範囲が決められています。
そのため、あれもこれも自由にリノベーションしたいと考えている人は、不満に感じる可能性があります。
素材やリノベーションする範囲を業者さんとじっくり相談して決めていきたいという方は、肝に銘じる必要があるでしょう。
・アフター保証がない会社がほとんど…
パッケージ型リフォーム・リノベーションの場合は、アフター保証が弱いことが多いです。
特に安すぎるパッケージを提供している会社では、メーカー製品購入時に必ず付与される保証期間の2年で謳っています。・
事前に、アフター保証の内容と期間が何年か確認するようにしましょう。

まとめ
まとめ
・オーダー型とパッケージ型どちらが自分たちに合っているか確かめる
・オーダー型でも使用できない商品や施工可否(得意・不得意)が無いか確認する
・パッケージ型の仕様・商品・オプションとなる項目を確認する
・安すぎるパッケージの会社はオプションで費用が上がるので事前に内容を確認する
・アフター保証が何年か確認(メーカー保証は必ず2年ある)

オーダー型とパッケージ型リフォーム・リノベーションについてのメリットやデメリットと注意点について解説させていただきました。
これから、リフォーム・リノベーションを検討している方の参考となればと存じます。

当サイト運営のセルフリジェネレーションでも、

高機能&低価格を実現した
・フルリフォームパック499万円(税込)
・水まわり4点155万円(税込)
・水まわり5点167万円(税込)

のご用意がありますので、他社様との比較検討をしてみてください。
(設備機器アフター保証10年付で、オプション追加や別途費用が発生しない仕様・商品を選定しております。)